サービス紹介

アリオン IoTイノベーションセンターでは、一般的な住まいや学校など、5種類の生活環境をシミュレートしたユーザーシナリオを構築しています。ここでは、機能試験や性能試験、互換性試験など充実した検証を行うことができます。

無線技術が急速に発展したことで、Wi-FiやBluetooth、3G/4G、そしてGPSといった様々な無線技術を活用した製品が市場に溢れています。次世代のIoT社会では無線通信が大きな役割を果たすことから、利用規模はますます拡大することが考えられています。一方、需要の拡大に比例してより高速なデータ通信性能や堅牢なセキュリティなど高度な機能が求められていることから、製品開発時にクリアすべき課題を全て予測することは困難な状況となっています。

IoT製品向けの無線検証は、従来製品と比べ確認のポイントが異なるため、ノウハウが必要です。アリオンは「信号ヒートマップ解析」と「RF無線通信検証」により、お客様の製品が持つ課題に対し、市場に出す前の段階で解決へと導きます。

アリオンは各IoT関連の技術協会との円滑な提携を進めており、常に業界の最新技術の情報やニュースを把握しています。

開発現場がIoTの時代に要求される環境に素早く対応できるよう、アリオンは未来の自動車づくりを担う品質検証を提供しています。

ケーブルとコネクタを試験するために新設した専用ラボ、そしてケーブル・コネクタ分野における優れた技術力と知識を併せ持ったエンジニアが、製品の品質を確かなものにするために、品質確認や要求事項に対する適合性の確認をバックアップいたします。

LoRaWAN™とは、LoRa AllianceTMより開発されたLoRa無線変調技術をべ―スにした通信プロトコルの仕様です。LoRaWAN™プロトコルによって、エンドデバイスのバッテリー寿命や通信ネットワーク伝送能力、情報セキュリティなどに対応できます。

「IMAX® Enhanced Program」は、Xperi社の完全子会社であるIMAX社およびDTS社によって公開された映像/音声規格・認定プログラムです。ハイエンドなホームエンタテインメント製品とIMAXデジタル・リマスターを施した4K HDRコンテンツ、そしてDTSオーディオ技術を組み合わせることで、ユーザーは臨場感あふれる視聴覚体験を家庭内で手軽に楽しめるようになります。

HDR10+は、ロイヤリティフリーかつオープンなHDR用ダイナミックメタデータの技術規格として、ハイエンドクラスのみならずミドルレンジクラスのテレビもターゲットとしており、今後の急速な普及が見込まれています。