サービス紹介

ヒートマップ検証

IoT製品向けの無線検証は、従来製品と比べ確認のポイントが異なるため、ノウハウが必要です。アリオンは「信号ヒートマップ解析」と「RF無線通信検証」により、お客様の製品が持つ課題に対し、市場に出す前の段階で解決へと導きます。

お問い合わせ

IoT製品の場合、従来の無線検証だとカバーしきれない部分があります。「IoT製品」、「無線ネットワーク」、そして「エリア」という3つの要因は全て密接に関連しており、実際の利用状況を考慮する必要があります。アリオンでは、より実際の利用環境に近い状況で検証を行えるよう、ユーザーシナリオの観点から無線ヒートマップ検証を行っています。

 

試験サービス

 無線LANを可視化 - 通信時の問題点を発見  

特定エリアの無線信号を検証

IoT製品の性能と通信品質は、アクセスポイント(AP)の設置場所や周囲の環境(設備、家具の材質など)が原因となることがあります。ヒートマップで受信信号強度(RSSI)を示すことで、スマートデバイスの無線接続(例:Wi-Fi, Bluetooth, Zigbeeなど)性能と信号強度など、品質を具体的に把握できます。

特定エリアのネットワーク接続性能を検証

特定エリアのネットワーク接続性能を分析するため、ヒートマップ分析で以下の3つのポイントを確認します。

  1. レイテンシ(Latency)
  2. スループット(Throughput)
  3. パケットロス(Packet Loss)

 

 デバイスの通信品質 検証/解析  

IoT製品の種類、メーカーの違い、プロトコル、周辺環境やユーザーの利用方法など、様々な要因が無線信号の性能に影響を及ぼします。アリオンは実際の利用状況をシュミレーションした試験環境を構築・制御することで、問題原因をより正確に特定します。

無線信号が飛び交う環境では、周波数同士が隣接する帯域(Wi-Fi、Zigbee、Threadなど)は信号干渉を引き起こし、性能の低下に繋がる場合があります。アリオンでは、ユーザー行動を再現しながら製品の無線性能を確認し、ユーザーエクスペリエンスの向上をサポートしています。

無線性能に影響を及ぼす主な要因(例)

  • APとデバイスの距離
  • 家具や家の材質
  • APの配置場所

 

関連試験

 

 お問い合わせ

(受付時間 平日9:00~18:00)

(アリオン株式会社 お問合わせ窓口)

Web問い合せフォーム