サービス紹介

ストレージ検証

アリオンのSSD総合検証ソリューションでは、設計開発から市場出荷段階に至るどの段階においても、製品に潜む潜在的な問題を発見するお手伝いができます。

お問い合わせ

ストレージ総合検証

アリオンではHDDやSSDといったストレージベンダーに向けて、互換性試験や比較分析を始めとした各種検証サービスを取り揃えております。設計開発の段階から、市場での販売段階に至るまで、様々な角度からご利用いただけるストレージ評価手法を開発しており、潜在的な脅威の発見と、市場における製品の信頼性獲得を支援します。アリオンのストレージ総合検証ソリューションを実施することで、品質向上の鍵となることをお約束いたします。

 

 ハードウェア検証

  • 規格ロゴ認証のコンプライアンス準拠確認
  • 信号品質測定
  • インターフェース適合性試験: Thunderbolt / NGFF / NVMe

互換性試験

様々な種類の検証を含む試験マトリクスの作成し評価が可能:

  • 製品タイプ: PC, ノートブック, タブレット
  • OS: Windows, Mac OS, Linux, Android
  • チップセット
  • RAID

多様な検証に応じた豊富な試験対象機材を準備

 

パフォーマンス評価

  • 長期的、包括的かつ動的なパフォーマンス評価
  • 幅広く採用されたベンチマーク試験ツールを複数準備
  • 難しいケースの場合にはアリオンが独自設計したベンチマーク試験ツールを使用
  • ユーザーシナリオシミュレーションのため予め決められた作業負荷の実施
  • 試験結果の詳細なグラフ分析を提供

 

データ保全性試験

  • SSD Self-Trim機能とFlush Implementation確認による長時間ストレス試験
  • 不具合/バグ由来のデータ漏洩確認によるデータ適合性試験

 

信頼性試験

 耐久性試験 

  • 長時間、データ破損なくストレージが作業できるかを確認
  • JEDEC Client Class(Common User Scenario)を実行:40℃、8時間/日、30℃で電源OFF

パワーサイクル試験 

  • 電源ON/OFFの繰り返し(1000回)
  • デバイス検出試験(Device Detection Test)
  • データ入出力試験(Data I/O Test)
  • 予期しない電源OFF(Unexpected Power Off)
  • システム起動(System Cold Boot)
  • OOB検出(OOB Detection)
  • 電源瞬断(Power Interruption [Flush])

温度試験

  • 温度加速試験(Extreme Working Temperature Test)
  • 温湿度サイクル試験

 

消費電力試験

  • 様々な動作モード毎のSSDの消費電力測定
  • 低電力(Partial/Slumberおよび DEVSLP)ステータス測定
  • バッテリー寿命測定
  • テストケースごとに異なるシナリオを適応可能
  • 長時間消費電力分析

 

ノイズ干渉

  • 他の高速信号ラインと対象製品との間に発生したノイズ干渉が互いに影響を及ぼし合わないかを確認
  • 近距離EMI測定(Near Field EMI)
  • プラットフォームノイズ&ディセンス検証(Platform Noise & De Sense Validation)
  • 基板全体のノイズスキャン(Integrated Noise Scan)

 

スキャンテスト

NAND/Flashメモリ製品の互換性試験のため複数メーカーのホストを保有

 

競合分析 & ベンチマーク試験

アリオンのカスタマイズ可能なワンストップ・ソリューションでは、貴社のSSD製品にPre-Defined WorkloadNCQ Depth, Flush Disable/Enableといった一連の試験サービスを提供します。また、貴社のSSD製品と他社のSSD製品とを比較し、グラフやデータ分析を通じて製品が持つ強みと弱みを明らかにします。性能面で不安定な点やデグラデーションがあった場合、専門チームが根本原因の追求をサポートします。アリオンの総合検証サービスと技術コンサルティングをご利用いただくことで、多様なSSD検証のニーズにお応えし、お客様の資源と時間を効果的に節減します。

 

作業負荷ベース試験方式

  • 様々なユーザーの行動から膨大な試験データを収集、包括的な作業負荷の設計のために収集したこれらの試験データを解析
  • それぞれの作業負荷は各ユーザーシナリオに基づいて反映
  • 負荷項目は個別のテストリクエストに応じてカスタマイズ可能

 

PC負荷試験 項目例 

  • 電源制御
  • インターネットの閲覧
  • バックアップとリカバリの実施
  • Office ソフトウェア
  • ウイルススキャン
  • 画像編集
  • ゲーム
  • ファイルの複製 / 削除
  • BitTorrent
  • 音声・動画の再生
  • 圧縮 / 解凍
  • Windows Update

その他、お客様のご要望に応じた負荷項目を実施いたします。

 

独自開発したベンチマークツール

  • 多種多様なSSDの試験結果から研究した豊富なデータを含んだ、アリオン独自の試験メソッド
  • 様々な環境下におけるSSD性能評価が可能
  • 柔軟な試験条件の設定が可能
  • 全試験データが記録され、更なる解析に利用可能

エンジニアリングコンサルティング

  • デバッグサポート、問題確認、根本原因の追求および分析に対応
  • 製品品質の改善提案
  • 試験結果に対しての深い考察
  • 新製品設計への提言

 

 

トラブルシューティングレベルサポート

アリオンのベンチマーク試験ソリューションでは通常のベンチマーク結果だけに留まらず、SSD製品の複雑性を理解したソリューションを提供します。アリオンのサポートでは貴社製品の要求事項に応えるのみならず、根本問題の特定に貢献します。製品の持つ性能を性格に判断可能となる性格な分析を提供可能です。アリオンのソリューションではお客様の製品から潜在的リスクを取り除くべく、適切かつ正確なアドバイスを提供します。

製品不具合回避の提案事項

  • パフォーマンスの低化
  • データ破損 / データ欠損
  • 耐久性に関する問題点の指摘
  • パフォーマンスの不安定性
  • パフォーマンスとOS Bootの最適化
  • System/RAID互換性
  • 高速信号インターフェース品質


 

I. 一般的な問題とリスク (YOUTUBEをご覧ください)

新世代のストレージメディアとして、SSDは高速性・低電力性・高耐久性といった特徴を持っています。しかし、これらの特性を評価する場合、平均値で比較してもあまり意味がありません。アリオンが結論づけた8つの潜在リスクをご覧下さい。

 II. SSD設計の複雑性 (YOUTUBEご覧ください)

設計におけるあらゆる点(採用するフラッシュ、制御回路、制御アルゴリズム、電源回路、採用部品など)が、パフォーマンス、信頼性、互換性および耐久性などに影響を及ぼします。設計の主なポイントに関する情報をご覧下さい。

III. 問題の原因解析 (YOUTUBEをご覧ください)

不具合の原因を解析するには、設計コンセプトが実際の回路設計やソフトウェアにどのように実現されているかを理解する必要があります。 アリオンでは試験で発見した問題に対して、可能な限り具体的に原因を解析します。根本原因とそれに対する総合的な検証ソリューションをご覧下さい。

お見積のご依頼やご相談など、気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせ

<お電話・メールでのお問い合わせ>

TEL:03-5488-7368
(平日受付時間 9:00~18:00)

web-info@allion.co.jp
(アリオン株式会社 営業部 宛)

<Webからのお問い合わせ>