ニュースルーム /news

2018.08.08
【ニュース】急速な拡大が見込まれるHDR新規格 「HDR10+」 世界で最初の認定ラボとして認証試験サービスを提供開始

総合的な第三者検証ソリューションを提供するアリオン株式会社(東京都 品川区、代表取締役社長:中山英明 以下「アリオン」 )は、米HDR10+ Technologies, LLCより、2018年7月、HDR(ハイダイナミックレンジ)映像規格である「HDR10+」の認証機関として、世界で最初の認定を取得しました。これを受け、アリオンではディスプレイ製品に対するHDR10+認証試験の実施、並びにHDR10+規格の導入に関する技術コンサルティングサービスの提供を開始します。

 

■ HDR10+ について

「HDR10+」は、20世紀フォックス、パナソニック、サムスンの3社が推進している「HDR10」を拡張した規格です。映像シーン単位で最大輝度情報を”ダイナミックメタデータ”として付与することで、フレームやシーン毎の映像の輝度、彩度、コントラストに応じた最適なトーンマッピングを行うことができます。これにより、従来のHDR10規格で課題だった輝度不足が解消され、さらなる高画質化を実現しています。HDR10+は、ロイヤリティフリーかつオープンなHDR用ダイナミックメタデータの技術規格として、ハイエンドクラスのみならずミドルレンジクラスのテレビもターゲットとしており、今後の急速な普及が見込まれています。

■ アリオンの HDR10+試験サービス

アリオンは世界で最初の認証試験ラボとして、HDR10 Technologiesから認定を受けました。HDR10+認証試験に加え、技術コンサルティングを含む以下のサービスをワンストップで提供します。

(対象製品:ディスプレイ)

  • HDR10+ 認証試験の実施
  • 事前試験、部分試験の提供
  • 規格導入に関する技術コンサルティング
  • 認証取得までのトータルサポート

HDR10+試験実施の第一弾として、パナソニック製テレビに対して認証取得を含むトータルサポートを提供しており、HDR10+認証を取得予定です。

アリオンは創業以来、IT/家電製品を始めとした認証・検証を事業の柱として提供し続けています。お客様への真摯な対応と粘り強い成果を積み重ねることで、数多くの企業が抱える課題を解決へと導いてまいりました。アリオンではHDR10+を始め、UHDA、DisplayHDR, HDMIといった映像関連規格のプロフェッショナルが在籍しておりますので、お客様の製品品質の向上のための的確なサポートが可能です。高画質・高解像度のディスプレイ製品に対する需要が増加傾向にある中で、アリオンは最新の技術動向に追随しながら、今後も業界最高レベルの品質向上・開発支援サービスを提供し続けてまいります。

※ 本 Web サイト上に記載されている団体名、会社名、製品またはサービスの名称などは、各社、各団体の登録商標または商標です。

 お問い合わせ

(受付時間 平日9:00~18:00)

(アリオン株式会社 お問い合わせ窓口)

Web問い合せフォーム